2007年07月31日

☆夏空に、きみと見た夢☆


【著者】 飯田雪子

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

悠里は美人だけれど気の強い、いわゆるイマドキの女子高校生。
ある日の放課後、
校門前で待ち伏せていた他校の見知らぬ男子高校生から
「葬式に来てくれ」と頼まれる。
「広瀬天也ってやつがいて。そいつ、きみのこと、
すごく好きだったから」と。
天也って誰?勝手に好きだったって言われても―。
なんだか気味が悪かったが、
悠里は成りゆきで、いやいやながらも葬式に参列する。
しかしそれ以来、
悠里のまわりで、不可思議なことが次々と起こりはじめた。
これって天也の崇り?それとも…。
ピュアでせつないラブ・ストーリー。

購入したい方はこちら→夏空に、きみと見た夢

posted by みっちー at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆そして名探偵は生まれた☆


【著者】 歌野晶午

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

三月には珍しい雪の日、伊豆の山荘で惨劇は起こった。
新興企業アラミツ・グループが所有する保養所・萩宮荘で、
若き総帥・荒垣美都夫が撲殺されたのだ。
ここは歴代の所有者が次々と不幸に襲われたという
呪われた山荘だった。
殺害現場となったホールは完全な密室状態だった。
外部からは争う物音が確認されたが、
現場に入ってみると荒垣の死体しかなかった。
ホールの窓の外は降り積もった雪が
逃走した者がいないことを証明している。
犯人はどこへ消えたのか?
社内懇親会で集められた二十人の中に犯人が?
事件の解決に名探偵・影浦逸水が乗り出したが…。
『生存者、一名』『館という名の楽園で』を収録した
密室トリック三部作。

購入したい方はこちら→そして名探偵は生まれた


posted by みっちー at 09:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。