2007年07月26日

☆それからの三國志☆


【著者】 内田重久

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

これまで世に紹介されることの少ない
諸葛孔明没後の三国時代末期の世界にスポットを当てる、
新しい発見に満ちた三国志。
軍事や政治のみならず、
社会・法制・思想・文化・女性・周辺民族など、
広角レンズで時代相を鳥瞰する一方、
厳しい時代の制約下で運命に翻弄されつつ、
なおめげずに活動を続けて魏末、蜀末、呉末を飾った
多彩な群像の生きざま、死にざまを活写。
中でも孔明の遺命を承けて末期の蜀を支えた姜維。
その奮闘を軸に物語を展開させつつ
個々の人物の立場にも深い同情を注ぎ、
情感豊かに追悼した斬新な視点で綴る三国終焉史物語。

購入したい方はこちら→それからの三國志

posted by みっちー at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。