2007年09月08日

☆Love history single cut ☆


【著者】 西田俊也

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

戻りたい恋だけが未来の恋を予感させる―。

忘れられない恋を抱きつづける人々の、

九つの新作読み切り短編集。

購入したい方はこちら→Love history single cut

posted by みっちー at 20:46| Comment(27) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆五匹の小犬☆


【著者】 平子純

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「はなればなれになってもいい。ノロの命を助けてあげて!」

誕生。出会い。そして、別れ…。

誇り高くそれぞれの運命を生きた五匹の小犬と、

彼らを愛した人間たちの忘れられない物語。

購入したい方はこちら→五匹の小犬


posted by みっちー at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

☆シュガークッキーが凍えている☆


【著者】 ジョアン・フルーク /上條ひろみ

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

もうじきクリスマス。
レイク・エデンの町はいつになくうきうきしていた。
ハンナが出版する町のとっておき料理集のために、
クリスマス・パーティ兼大試食会が開催されるのだ。
ハンナの母ドロレスも大張り切り。
美しく高価なケーキナイフを貸してくれるという。
だが、宴が始まってしばらくして、ハンナは真っ青になった。
あのケーキナイフがない!
慌てて探すハンナの目に飛び込んできたのは、
ナイフを胸に刺した死体だった…。
外は猛吹雪で参加者は会場に軟禁状態だから、
絶対この中に犯人がいるはず!
今にも産気づきそうなアンドリアを助手に、
ハンナが見つけた真相は?
大好評シリーズ第6弾。

購入したい方はこちら→シュガークッキーが凍えている
posted by みっちー at 15:39| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

☆管絃祭☆


【著者】 竹西寛子

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

有紀子の同級生の夏子や直子は「広島」で爆死した。
夏子の妹は四人の肉親を失う。
皆その後を耐えて生きる。
沈潜し耐える時間―。
事物は消滅して初めて真の姿を開示するのではないか、
と作者は小説の中で記す。
夏の厳島神社の管絃祭で箏を弾く白衣の人たちの姿は、
戦争で消えた「広島」の者たちの甦りの如くに見え、
死者たちの魂と響き合う。
第十七回女流文学賞。

購入したい方はこちら→管絃祭
posted by みっちー at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

☆博士の愛した数式☆


【著者】 小川洋子

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「ぼくの記憶は80分しかもたない」
博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた
―記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。
博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。
数字が博士の言葉だった。
やがて私の10歳の息子が加わり、
ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。
あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。
第1回本屋大賞受賞。

購入したい方はこちら→博士の愛した数式

posted by みっちー at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

☆たかが初恋されど初恋☆


【著者】 来々らく子

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

マッチ棒のような彼と不器用な私。

二人は、川をはさんだ二本の道。

交わることはないが、離れることもない、

それはどこまでも続く道。

購入したい方はこちら→たかが初恋されど初恋


posted by みっちー at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

☆運命の逆転☆


【著者】 ポーラ・マーシャル /横山緝子

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

結婚式当日、花婿に捨てられたスザンナは、
幸せいっぱいの花嫁から行き遅れの貧しい娘へと転落した。
伯爵夫人になるはずだったのに、
自らの力で生計を立てるしかなくなったのだ。
そんな苦難の中、さらに大きな事件が起こる。
職探しに行く道すがら、いきなり馬車に押しこまれたのだ!
文無しの娘を誘拐するなんて、いったい何が目的なの?
連れていかれたのは、目をみはるほど豪壮な屋敷。
そこで待っていたのは、謎の大富豪ウルフだった。

購入したい方はこちら→運命の逆転

posted by みっちー at 09:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

☆@ベイビーメール☆


【著者】 山田悠介

【内容】

それは禍の子供を連れてくる死のメール

奇妙な女性の死体が立て続けに発見された。
遺体のそばには、なぜか切り取ったへその緒だけが残されていた。
彼女たちは皆、送信者不明のメールを受け取った一ヵ月後に殺され、
しかも、していないはずの妊娠をしていたという。
そして雅斗の恋人、朱美にも死のメールが届いてしまう。
彼女の死まで残された時間は一ヶ月!!
メールにこめられた呪いは解けるのか。
話題作、待望の文庫化!

購入したい方はこちら→@ベイビーメール

posted by みっちー at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

☆きみとあるけば☆


【著者】 伊集院静 /堂本剛

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

人は誰か、何かとともに歩いているものだ。
その相手が、たとえ人間ではなくとも、
子供の時代、青春時代、そして大人になっても、
その人のかたわらには誰か、何かがそばにいて、
喜び、哀しみをともに抱いてくれている―。
失いたくない少年の心と大人になるということ、
孤独とのつきあい方…。
人生の大切なものが詰まった優しさあふれるエッセイと、
心あたたまるユニークなイラスト。
写真と対談も収録したファン待望の一冊。

購入したい方はこちら→きみとあるけば


posted by みっちー at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

☆パーティーガール☆


【著者】 リンダ・ハワード /加藤洋子(1950ー)

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

顔・髪型・服装すべてが地味でさえない図書館司書デイジー。
34歳の誕生日の朝、
彼女は心に誓う―負け犬から脱して結婚するのだ!
ゲイの美容コンサルタントを得てクールな女に変身したはいいが、
夜遊びデビュー早々、
デートレイプ・ドラッグを捜査中の警察署長ラッソと鉢合わせ。
マッチョで強引、理想とはかけ離れた彼に反発しつつ
急接近するデイジー。
が、ひょんなことから殺人事件に巻きこまれ…
ロマンティック・サスペンスの女王が贈る抱腹絶倒の痛快作。

購入したい方はこちら→パーティーガール

posted by みっちー at 09:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

☆ナナイロノコイ☆


【著者】 江国香織

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

愛をおしえてください。
恋の予感、別れの兆し、はじめての朝、最後の夜…。
恋愛にセオリーはなく、お手本もない。
だから恋に落ちるたびにとまどい悩み、
ときに大きな痛手を負うけれど、
またいつか私たちは新しい恋に向かっていく―。
この魅力的で不思議な魔法を、
いまをときめく七人の作家がドラマティックに贅沢に描いた
大好評恋愛小説アンソロジー、待望の文庫化。

購入したい方はこちら→ナナイロノコイ
posted by みっちー at 05:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

☆プラットフォーム☆


【著者】 ミシェル・ウエルベック /中村佳子

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

男ミシェル、41歳独身。
父が殺された。けれど不思議と悲しみが湧かない。
女ヴァレリー、28歳。旅行会社のエリート社員。
思春期に他人への関心を失ったまま成長した。
南国タイで、二人は出逢う―何気ない運命のように。
原始的な性の息づく彼の地での洗練された愛撫は
二人を感動させる。なにかが変わる。
パリに戻り、二人は再会する。
与え合う性と補い合う生の出逢いは、
枯れ果てた人類にもささやかな幸せをもたらすかに見えた。
おそらく人生初めての安らぎが、二人に訪れようとしていた…。

購入したい方はこちら→プラットフォーム
posted by みっちー at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

☆父ちゃん、ご免☆


【著者】 須藤良衛

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

息子であることの責任。父の介護。遺産相続。
家族の絆は、時に無言で、
時には遙か後に気づき、答えが出ることもある。
人生に於いて答えが出るなら幸せなのかもしれない。
家族の絆を描いた小説「父ちゃん、ご免」と、
人間の起源と未来の問題点を浮き彫りにし、検証した
「二足歩行」を収録。

購入したい方はこちら→父ちゃん、ご免

posted by みっちー at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

☆夏空に、きみと見た夢☆


【著者】 飯田雪子

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

悠里は美人だけれど気の強い、いわゆるイマドキの女子高校生。
ある日の放課後、
校門前で待ち伏せていた他校の見知らぬ男子高校生から
「葬式に来てくれ」と頼まれる。
「広瀬天也ってやつがいて。そいつ、きみのこと、
すごく好きだったから」と。
天也って誰?勝手に好きだったって言われても―。
なんだか気味が悪かったが、
悠里は成りゆきで、いやいやながらも葬式に参列する。
しかしそれ以来、
悠里のまわりで、不可思議なことが次々と起こりはじめた。
これって天也の崇り?それとも…。
ピュアでせつないラブ・ストーリー。

購入したい方はこちら→夏空に、きみと見た夢

posted by みっちー at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆そして名探偵は生まれた☆


【著者】 歌野晶午

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

三月には珍しい雪の日、伊豆の山荘で惨劇は起こった。
新興企業アラミツ・グループが所有する保養所・萩宮荘で、
若き総帥・荒垣美都夫が撲殺されたのだ。
ここは歴代の所有者が次々と不幸に襲われたという
呪われた山荘だった。
殺害現場となったホールは完全な密室状態だった。
外部からは争う物音が確認されたが、
現場に入ってみると荒垣の死体しかなかった。
ホールの窓の外は降り積もった雪が
逃走した者がいないことを証明している。
犯人はどこへ消えたのか?
社内懇親会で集められた二十人の中に犯人が?
事件の解決に名探偵・影浦逸水が乗り出したが…。
『生存者、一名』『館という名の楽園で』を収録した
密室トリック三部作。

購入したい方はこちら→そして名探偵は生まれた


posted by みっちー at 09:13| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

☆奇跡を信じて☆


【著者】 ニコラス・スパークス /天馬竜行

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

当時17歳のぼくが体験した奇跡の真実について、
ありのままを話します。
この本を読んでくれたら、
ぼくが黙して語らなかった理由もわかってもらえると思います…。
はじめは笑ってもらえるでしょう。
でも、断っておきます。
泣いても知りませんから…。
ニコラス・スパークス待望の第三作。
大好評の超訳。

購入したい方はこちら→奇跡を信じて

posted by みっちー at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆観覧車☆


【著者】 柴田よしき

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

失踪した夫を待ち続ける下沢唯。

夫の居場所を残しておきたい、という思いから

探偵事務所を引き継いだのだが、

浮気調査など気が滅入る仕事ばかり。

あるとき、行方不明になった男の捜索依頼が舞い込んだ。

手掛かりは白石和美という愛人。

が、和美は日がな寂れた観覧車に乗って時を過ごすだけだった。

彼女の心を占める虚無とは?

静かな感動を呼ぶ恋愛ミステリー。

購入したい方はこちら→観覧車
posted by みっちー at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

☆ぼくはうみがみたくなりました☆


【著者】 山下久仁明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

明日美は、看護学校に通う女子学生。
だけど、学校をやめようかと悩んでいた。
そんな明日美が、一人でドライブに出た。
つらかったり悲しかったりしたとき、
いつもいく場所があった。
そこで、少し年下に見える彼と出会った…。
「海を見に行きませんか?」
明日美は、彼をドライブに誘ってみた。
彼を助手席に乗せ、湘南へと向かう。
でも、ちっとも楽しくない。
彼は、名前も教えてくれない。
一言も口をきいてくれない。
こんなことなら一人の方がよっぽどまし…。
海岸沿いの駐車場で休憩していると、
老夫婦が、声をかけてきた。
城ケ島まで乗せてって欲しい、と言う。
二人でいるより四人の方が気楽になれそう。
こうして、4人の小さな旅がはじまった。
1泊2日の小旅行…。
やがて明日美は、彼が少しずつわかってきた。
自閉症が、ちょっとだけわかってきた…。

購入したい方はこちら→ぼくはうみがみたくなりました
posted by みっちー at 13:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆夏の香り(上)☆


【著者】 チェホヨン /金重明

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

心臓移植で奇跡的に健康を取り戻したシム・ヘウォンは
兄妹のように育った恋人に見守られ、新たな人生を満喫していた。
しかし、婚約者を失ってから人を愛することができないでいた男、
ユ・ミヌとの出逢いですべては変わった。
彼と会うとき、理由もなく胸の鼓動が早くなる。
この心は、私のもの…?
初めての本当の恋にとまどうヘウォンと、
初恋を忘れられないミヌ。
再建中のリゾートホテルを舞台に描く、切ない夏の恋。

購入したい方はこちら→夏の香り(上)


posted by みっちー at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

☆ヤングマン・ウィズ・ア・ホーン☆


【著者】 ドロシー・ベイカー /諸岡敏行

【内容情報】(「BOOK」データベースより)

1920年代、黄金ジャズエイジ。

ジャズの魔力にとりつかれた若き天才トランペッターの、

短くも鮮烈な生涯。

幻のジャズ青春小説。

購入したい方はこちら→ヤングマン・ウィズ・ア・ホーン

posted by みっちー at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。